SEから外資系のITコンサルタントになったら周りがすごかったので勉強することにした。

SEから外資系のITコンサルになってみた。

その他

瓶ビールはおいしいけど、ガラス瓶は重過ぎる!を解決する新素材とは?

投稿日:

こんにちは、KOMです。

少しずつ、暑い日が増えて、つい最近も友人と飲みに行きましたが、外でよく冷えたビールを飲むのにいい季節になってきましたね。

瓶ビール派?缶ビール派?

あなたは、ビールを買うときにはどちらを買いますか?コンビニに行ってもほとんどは、缶に入ったものが売ってありますので、ほとんどの方が缶ビールなんでしょうね。

瓶ビールを見るのは、旅館とかは瓶ビールなイメージです。

瓶ビールと缶ビール、おいしいのはどちら?

ただ、酒飲みの方はよく瓶ビールの方が多しいと言っていたのを聞いたことがあります。缶ビールだと金属だからってことなのでしょうか?しかし、最近はあまりそういった話を聞かないので、もしかしたら、技術が上がっているため、缶ビールでもそこまで味に影響を与えないのかもしれませんが・・・

展示会で面白い素材を見つけました

ここで疑問に思ったことはないでしょうか?ビールには瓶ビールと缶ビールはあるけど、ペットボトルに入ったビールってないですよね?

実は、少し前からペットボトルに入ったビールが作られているんです!

ハイバリアPETボトル

その名もハイバリアPETボトルです。三井ケミカルが開発した新しい素材で、通常のペットボトルと比べて酸素バリア約10倍、水蒸気バリア訳5倍の性のなのだとか。

この素材をキリンビールが採用して、ペットボトルに入った製品開発をしています。

今後の製品開発に注目

この素材は、ペットボトルよりも酸素バリア性が高いということは、酸化することで鮮度が落ちてしまう、醤油などの調味料などにも使用されています。

また、コーヒーなど酸化すると味が落ちてしまうので、そういった製品を入れるのにも活躍するかもしれません。

最後に

もともと大学で素材系の勉強もしていたので、こういった話は面白いですね。今回はたまたま展示会で面白い素材を教えてもらったので、紹介しました。また何かあれば紹介したいと思います。

 

-その他
-

Copyright© SEから外資系のITコンサルになってみた。 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.